こんにちは、
来てくださりありがとうございます。


小学生のスマホの事を書いています。

小学生の子供が2人います。
春から五年生になる長女にクリスマスプレゼントでiPhoneを購入しました。
その際に親が先に設定してから、長女に渡した事を書いています。

専門的な事はもっと詳しい方々がいるので、親からみて最低限準備した事です。

今日は、
「コンテンツとプライバシーの制限をオンにする」です。
2018.9.28からは、iOS12.0にアップデートし 今までなかった「スクリーンタイム」があります。


※ ※ ※


iPhoneの「設定」アイコン
iphone-settei
iPhoneではおなじみの よくみるコレですね



スクリーンタイムのアイコンをクリック

設定ースクリーンタイム



コンテンツとプライバシーの制限をクリック

設定ースクリーンタイム②


パスコードを入力の画面になるので、設定していたパスコードを入力

設定ースクリーンタイム③


パスコードを入力すると、下記の画面になるので「ON」にします。

設定-スクリーンタイム④


コンテンツとプライバシーの制限をオンにする は以上です。

なぜこれを「ON」にしてあるのか
ここをオフにしたままだと、あらゆるものの許可が勝手にできるようになるので、
まず、第一段階でのロックだと思っています。

ここだけだと、まだまだ子供に自由がきくのでもう少し詳細に制限をかけていきます。
またそれは次回に。


最後まで読んでくださりありがとうございます。
ではまた(^-^)

ブログランキングに参加しています。
下のどちらかのバナーをクリックしてもらえると励みになります☆彡
(ブログ村にも帰れます)

にほんブログ村 子育てブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


今日の子供たちのすごいところ
32.ほいこうろうの事を「はいこうろう」だと勘違い(これでも春から5年生)
32.宿題を珍しく!ささ~~~と終わらせる