こんにちは、きてくださりありがとうございます。

スローマイペースな娘のハイペースマイペースな息子の2人を夫にかなり頼りながら子育てしています。

我が家には無縁だった中学受験、
ある日突然 娘の一言で生活激変中です。






「勉強させたいなら〜」みたいなタイトルってよく目にします。
ネットはもちろん、本屋さんの教育関係や自己啓発コーナーでも。

でもこれって
知っているし、
「そりゃそーだ」
「うん、私はなるべくこうゆう親にならない」って考えていたけれど、
実際親になってみると言わない事の方が本当に難しい。


「今日は言わないぞー」
「今週はちょっと言わないで過ごしてみるかなー」
って実践しても、言わないってだけですっごいモヤモヤする。
しかも、それが完全に!顔全面に出てるーー!


ちょっと言葉が変わるってだけで
「いつやるの?」
「何時から始めるの?」
「え?それ休憩しすぎじゃない?」
「もう夜だよ」

結局ほぼ言ってるような。

最終的に
宿題すら手につけない子供たちにむかって
「いいかげんにしたら?」


これなら初めから
「勉強しなさーい!」
と言ってしまった方がいいんじゃないのか。

近頃は娘に言うことは激減したけれど、
息子にはまだまだこんな状態。

言い続けてしまったら本当に学習意欲はなくなるのかな…。

「勉強しなさい」と
言わなかったら一体いつまでやらないんだろう
って思ったこともあったけど、
本当にずっとやらないで、やらない事が普通になっちゃって…と考えたら恐くて実験もできませんでした。


毎日の学習習慣を低学年のうちに。
と耳しますが、低学年のうちは親が
「勉強しちゃいなさい」
って事は言っていてもいいんじゃないかな…。
それで、がんばってる姿をみつけて、そこを褒めていけば嬉しい気持ちになるんじゃないのかなぁ…間違ってるのかなぁ…。


多くの子供は
やらない=将来大変
なんて事、考えられないだろうし
そんなに遠い未来を考えられる子供はとっくに言われなくてもやってると思うのです。

もっと言うと、
どうしてお勉強するの?
と聞かれても今の私には子供たちが納得し、
勉強をモクモクとむかう解答はできません…。

選択肢を増やすため?
今の君は何にでもなることができる可能性があるから?

そんなペラペラな答えで子どもが
そうだね!
とはならないはず。

自分自身、意味なんて考えることもなくなんだかよくわからないけど、やってきたのだから
あんまり偉そうな事言えないなぁ。


なぜ、勉強をするのか…永遠のテーマです。



最後まで読んでくださりありがとうございます。
ではまた(^-^)
ブログランキングに参加しています。
下のどちらかのバナーをクリックしてもらえると励みになります☆彡
(ブログ村にも帰れます)


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村